MENU

筋トレにベストの食べ物とは何か?

 

筋肉を付けるために必要になる栄養素は、炭水化物と脂質とタンパク質とビタミンとミネラルです。

 

炭水化物は、人間のエネルギーにしめる割合が1番多く筋肉に蓄えられて運動を行った時にエネルギーとして使われます。
炭水化物が不足すると、筋肉の中にあるたんぱく質が分解される事でエネルギーに代わります。

 

このため筋トレを行っても、筋肉が付きにくくなってしまうのです。

 

しかし摂り過ぎると、脂肪になってしまうため摂り過ぎは注意です。

 

脂質は脂肪分の事で、有酸素運動等を行う時にはエネルギーとして必要になります。

 

ビタミン類やカルシウムを運ぶ役割もあるため、摂取する事が必要です。

 

タンパク質は生きるためには特に必要で、体重の5分の1をしめています。
血液と筋肉を作るのに必要になるもので、エネルギーとしても使われます。ただし炭水化物と同じで、摂取し過ぎると脂肪になってしまうため気を付けないといけないです。
ビタミンBは美容や健康に良いものとは知っている人も多いが、筋肉を付けるためにも必要なものです。
ビタミンB1は、炭水化物を分解する事でエネルギーに代えてくれます。

 

糖質の代謝を助ける働きがあるため、筋トレを行う時にパワーを引き出す役割があります。